前へ
次へ

悩みがあっても友達との食事で変われた

最近嫌なことがあってずっと一人で悩んでいたんですけど、気持ちが落ちているせいか、食事を楽しめていませんでした。普段であれば、一日三食常に美味しく味わえるはずなのに、悩み始めてから食べ物の味がよくわからなくなっていました。一人で食事をしていても何も変わらなかったので、思いきって友達を誘って食事に行ってきたんです。そしたら、いつもは食べ物が美味しく感じないんですけど、友達と話しながら食事していたからか、食べ物が不思議と美味しく感じたんですね。それと、食事が美味しいと笑顔になることも増え、笑顔で友達と話しているうちに会話が盛り上がり、友達との関係が以前より良くなった気がしました。今回の経験から思ったのは、気持ちが暗い時に人と食事をすると美味しく感じられるので、これからは悩みがある時は、友達と食べることを楽しもうと思いました。また、友達と前よりも色々と話ができたので、お互いの仲を深めるためにも時間を作って、友達との食事を積極的に取り入れていきます。

Page Top